営業

価値観の違いをチャンスに変える海外仕事術

コース概要

 

「海外で仕事をする」それは日本でこれまで培ってきた価値観だけでは対応できない場面が想像されます。

海外で仕事をしている方、海外で仕事をする予定のある方の中には、「高度な語学力がない」「海外在住経験がない」ことを弱点に感じてしまっている方も多いのではないでしょうか。

 

「英語ができないから取引先とのコミュニケーションがうまくいかない」

「海外では営業成績がなかなか上がらない」

「外資系企業に対してどんな提案をしたらよいか迷う」

 

でもそれらは正しい海外仕事術、海外の価値観を知ることで克服することができます。

 

実は、海外で仕事をするために最も重要なのは、「コミュニケーション能力の高さ、環境適応能力」です。この力を養うことで海外での仕事が抜群に楽しくなります。

 

このコースでは英語が大の苦手だった講師が、自身の海外営業経験を通して学んだ海外仕事術をご紹介しています。海外での営業に必要なこと、必要な気質、日系企業との違いまで、海外で仕事をするためのコツが凝縮した内容となっています。営業職の方は特に必見です。

 

海外で仕事をすることは新しい世界を広げるチャンスです。この講座を受けることによって、海外での仕事にも自信が持てるようになるはずです。いざチャンスが舞い込んだ時にチャンスを掴めるように、気になったこの瞬間からスタートしてみてください。

 

こんな方におススメ

・英語が苦手な方

・海外での仕事のコミュニケーションに不安がある方

・外資系企業の特徴を知りたい方

・海外での仕事においての武器を身につけたい方が必要であることをご存知ですか?

 

仕事のアイディア出しをする際、まずは情報収集からはじめるのが一般的です。

新しいアイディアを探る際に、ます情報収集からはじめた場合起こるのが、

 

「情報が膨大すぎて、必要な情報がまとまらない」

「いつの間にか上司を説得する情報探しになってしまう」

「情報収集だけでクタクタになってしまう」

 

などです。

 

また、一生懸命集めて出したアイディアが、他社とかぶってしまうなんてこともよくあることです。

これは間違ったことではなく、情報を調べることによって根拠に基づいた丁寧なアイディアを出したいという真剣な姿勢の表れです。

 

しかしここでは、新しくアイディアを出す際に、視点を変えてみることをオススメしています。最重要視してほしいのが「直感と仮説」です。手持ちの情報を中心に、直感的に仮説を立て、商品開発を行うとヒットにつながると言われています。

 

このコースでは、ヒットを生み出す法則・具体的なアイディアの組立てまでをたっぷりご紹介しています。

アイディアを生み出す力はどんな仕事においても役立ちます。自分の中には無かった思考に触れて、自身の仕事に活かしてみませんか?

 

★こんな方におススメ★

・アイディアを出すのが苦手な方

・アイディアに独自性がほしいと思っている方

・仕事の考え方を広げてみたい方

・情報に頼りがちな方

00:37:51

このコースを評価する

みんなの評価