営業

海外営業はフロンティア精神で!国や業界のガリバーを目指そう

★コース概要★


昨今、社会のグローバル化が進み、日本企業の海外進出も珍しいことではなくなりました。

実際に、多くの企業がTOEICの点数を重視し、英語力のある人材を優遇しています。

そんな中で海外営業という新たな職種が現れました。

読んで字のごとく、海外の顧客に向けて自社製品の営業をする職種です。

普通の営業とは違い英語に限らない外国語を操り、

営業する海外営業は給料や賞与も高い傾向にありますので、

キャリアアップとして海外営業を目指すというのは良い選択肢です。

あるいはすでに海外営業をしている方もいるかもしれません。


しかし、海外営業をするにしても

「海外営業なんて英語ができないと無理ではないか」

「海外営業をするにしてもどのようなことをすればよいかわからない」

「日本と同じような営業で大丈夫なのか」

と感じている方も多いのではないでしょうか。

実際に海外営業は文化の違いや現地の会社との競争が有り、

日本とは少し違った営業をする必要があります。


そこで、このコースでは海外営業の実態とその方法についてご紹介します。

海外営業はどのようなことをするのか、

実際の営業の際に、どのように市場を調査し売り込んでいくのか、

各ステップに分けてポイントを踏まえて詳しく解説していますので、

海外営業の具体的な内容や実践方法が簡単にわかります。


日本での海外営業の需要はますます高まっています。

海外営業ができればあなたの会社内での地位は確実に上がり、

待遇に不満があれば転職も簡単にできるでしょう。

あなたもこの講座を受けて、海外営業のプロになってみませんか?



★こんな方におススメ★

・海外営業に興味がある方

・海外営業することになったが何をすればよいかわからない方

・普通の営業マンからのキャリアアップを図っている方

・海外営業の実態が知りたい方


00:35:39

  • 00 はじめに
    00:02:14 受講する
  • 01 現地調査のいろは
    00:11:27 受講する
  • 02 見本を持って営業開始
    00:04:43 受講する
  • 03 初出荷までは初めてづくし
    00:08:33 受講する
  • 04 各地のレビューで特性需要を引き出す
    00:02:49 受講する
  • 05 立派な「実績」は自信をもって拡販しよう
    00:03:49 受講する
  • 06 まとめ 日本らしさを失わず 現地とのコミュニケーションを怠らない
    00:02:04 受講する

このコースを評価する

みんなの評価